Photograph Journey公式ブログ

フォトジャニブログ 最終回!

2015/12          25

2015/12          25

こんにちは!
フォトグラフジャーニー(通称フォトジャニ)ディレクターの坂本です。
今日でフォトジャニブログ最終回!
……と書きましたが、これを書いている今は最終回が信じられない気持ちです(笑)。

いつものフォトジャニらしく、そして坂本らしくブログを書いていきたいと思います!

制作話最終回と、坂本の旅行のお話も綴ろうと思っています(笑)。
少し長くなりますが、よろしければお付き合いください。

それでは最後もどどんといきましょう~!

 

***************************************

 

 

 ご当地トークを更新しました 


 


Photograph Journey公式ホームページ内のご当地トークを更新しました!


 

 

 

 


 

 

ご当地トークでは12人の男の子全員がメッセージをあなたに向けて贈っているので
ぜひ、覗いてみてくださいね。

 

 

****************************************

 

 

 フォトジャニ制作話 リチャード編 


 

前回で12人の男の子全員の制作話を書きましたが、
本日は、リチャード、葉山春穂、フォトジャニの背景や裏話についてお話していきたいと思います。


それではフォトジャニのアイドル、リチャード・アルバーンの紹介からです!


当初のプロフィールはこちら!

じゃーん!


▼リチャード・アルバーンのプロフィール(初期)
年齢  :21才
誕生日 :?月?日
星座  :?座
血液型 :?型
身長  :183㎝
一人称 :ワタシ
あだ名 :リチャード
家族構成:父、母、姉、兄、妹
長所  :明るい
短所  :おおざっぱ
口調  :~デスカ? ~ダヨ
(※語尾はカタカナ)
特技  :日本語
趣味  :日本の名所巡り


公式では身長と血液型しか公表していませんが、
設定上では年齢がきちんと設定されていました。

リチャードの年齢は21歳!
縁より歳下だったのです(笑)。

誕生日は初期設定から未定で、現在も未定のままです。
リチャードは毎日ハッピーで毎日がお誕生日のように明るい子なので
誕生日が設定されていなくても大勢の人に愛されて、
笑顔に囲まれているんじゃないかなと思います(笑)。

今では誕生日を設定しなくて良かったなとも思っています。
リチャードが毎日ハッピーであるように、
日本のことをいろいろ教えてあげてくださいね。


ではでは、本題へ戻って、リチャードのキャラクターデザインへいきましょう。
初稿はこちら!

じゃじゃんっ!



今のリチャードそのままです!
制作陣が思い描く『リチャード』がばっちりあてはまるデザインでした。
日本が好きなあまり、独特な私服になっているところも『リチャード』のキャラクターにぴったりで
制作陣一同声を揃えてOKを出しました。
よくよくみるとちょっとしたこだわりが垣間見えます。
例えば羽織の刺繍部分にはリチャードの頭文字をとった「R」が入っているところとか(笑)。
初稿から細かなデザインを頂きました!

コメントにも書かれていますが
マスコット的な感じが出ていて、この時点でずっと「可愛い、可愛い」と
みんなで口をそろえて言っていたのが思い出されます(笑)。

一発OKだったリチャードですが、
実は服のデザイン案がいくつかありました。


▼デザイン案その①

※履物が靴バージョン。


▼デザイン案その②

※羽織が無地バージョン。


▼デザイン案その③

※羽織にイギリス国旗がデザインされたバージョン。


▼デザイン案その④

※羽織が黒色になったバージョン。


履いている靴が違ったり、羽織の背中にイギリス国旗が描かれていたり
羽織の色が黒だったりと、たくさん案を頂きました。

実際に採用したのは③のデザインになります。

シャツやネクタイでしっかりとキメているのに
羽織にカンカン帽、下駄という組み合わせのギャップが可愛くて
個人的にお気に入りです(笑)。

そんなリチャードの全身ラフはこんな感じ!

じゃーん!


▼ラフ


にっこり笑顔が仔犬っぽいですね!
せっかくなのでリチャードのキラキラの瞳をみせてほしいとリテイクをしました。
こうしてリテイクをして彩色をしたのがこちら!


▼彩色

完成した全身に彩色をしたものがこちらです。
(現在のイラストの一歩前のものになります)


▼完成


皆さんご存知のリチャードのイラストです!

フォトジャニはリチャードがいてはじめて物語が生まれます。
リチャードはナビゲーターであると同時に、フォトジャニの『核』でもあります。

人懐っこくて、陽気で、好奇心旺盛。なのに紳士的で憎めないキャラクターにしたくて
現在のリチャードができました。

皆さんにはリチャードはどんな風に映っているでしょうか?
リチャードはころころと表情が変わるので、
もしかしたら人によって違う印象があるかもしれません。

形があるようで形がない……
つかめるようでつかめない……
それがリチャードなのかもしれません。


さてさてここで裏話!

これまでにいろいろと裏話をしてきたので「裏話がないっ!!」と少し焦ったのですが、
ありました!!!(笑)。

リチャードのお父さんとお母さんの正式な名前をご紹介しますっ!

全巻購入特典として『Photograph Journey~in Japan~』のCDにて
リチャードのお父さんとお母さんが出てきました。
CD内ではお母さんは「ジル」、お父さんは「バート」と呼ばれていますが
実はこの呼名は愛称になります。

お母さんの本名は「ジリアン」、お父さんの本名は「アルバート」と言います!

……と、小さなことですが裏話でした~(笑)。

 

 

****************************************

 

 

 フォトジャニ制作話 葉山春穂 


 


お次は、フォトジャニの主人公である葉山春穂です!
春穂は『あなた』となって、フォトジャニの世界を彩ってくれます。
リチャードと同じ『核』の存在です。

春穂は細かい設定は実はありません。

『高校生になるまでに父親の仕事の関係で何度も転校を繰り返してきた
 ちょっと人見知りをする内気な女の子』

これが設定になります。

リチャードと同じで形があるようで形がない、
つかめるようでつかめない、無色透明で何色にも変化をします。

よく「環境によって考え方や性格などに影響がでる」と言われたりしますが、
出会った人、重ねた時間、その時に生まれた考え方で変化していく……。
それを春穂にも出せたらと思いました。

少ない情報でキャラクターデザインをしていただいたのがこちら!

じゃじゃんっ!



現在の春穂そのままです!!
『優しく穏やかで可愛らしい女の子』というのが坂本の第一印象です。
リチャード同様「可愛い!!」と制作陣がはしゃいだのを覚えています(笑)。

全身ラフはこんな感じです!


▼ラフ

最初は身体を横に少し向けたポージングでした。
これも可愛くて好きだったのですが、現在のこちらのポーズとなりました。


▼完成


皆さんご存知の春穂のイラストです!

各ゲームのイベントスチルでは春穂の四季の服装を見ることができます。
ショートパンツだったり水着だったりコート姿だったりと
とにかくバリエーションが豊富です。
坂本の見ていただきたいポイントの1つでもあります(笑)。


ゲームでは各地の男の子と一対一で物語が進みます。
是非、昔出会ったあの男の子の元へ、会いに行って下さいね。


ちなみに……


フォトジャニは『ベストエンディング』と呼ばれるエンディングが
なかなか見られないように設定していました。

難しくした理由はちゃんとあります。

『二泊三日の旅行で恋をする』ということで、
昔の出会いや思い出、今のあなたの気持ちが
男の子と相思相愛でいて欲しいと願ったからです。

よく、『初恋は実らない』『遠距離恋愛は続かない』と言われたりしますが
フォトジャニではその恋を実らせて欲しいと思いました。
昔出会った男の子へ抱いた淡い気持ち……
遠くはなれていても気持ちが繋がっている……
そんな恋をテーマにし、honeybeeらしく、きらきらした純愛を描きました。

それ故にエンディングの設定を難しくしました。
(なかなかエンディングが見られなくてスミマセン。
 ですが、男の子と相思相愛になり、素敵な恋を実らせて下さい!!)

恋の形は男の子によって様々ですので
ゲームをプレイしてそれを感じてもらえたらとっても嬉しいです!

 

 

****************************************

 

 

 フォトジャニ制作話 フォトジャニ編 


 


フォトジャニ編ってなんだろうってなりますよね(笑)。
ここではフォトジャニについていろいろ語っちゃうぞというコンセプトで書いていきたいと思います。

フォトジャニのゲームでは実際その土地にある観光スポットが出てきます。
これは各施設の関係者様のお力沿えがあって実現しました。
説明について監修をしてくださったり、実際の建物の外観・内観の資料をくださったりと
ご協力を頂きました。

こうして多くの方と関わらせて頂き、
人って優しいなぁと坂本は何度も思いました(笑)。

生まれた土地のことを大切に思うというのは素晴らしいです。
美しい景観や伝統はこうして何年も何十年も、何百年も伝えられていく……
それは一人ひとりが力を合わせて発揮できるものであり、
故郷への愛がないとできないものです。

皆さんが生まれ育った場所は、どこも素敵な場所だと思います。
その素敵な場所を沢山の人に伝えられるように、私も地元を愛して
伝えられるようになりたいなと思います。

フォトジャニがきっかけでその土地へ興味をもっていただけると
とても嬉しいです!
今回は12の都道府県しかご紹介できませんでしたが
その他の県も素晴らしいものがたくさんあると思います!

是非、それを皆さんが伝えていってくれると嬉しいです!
(ぜひ、坂本にも教えて下さい(笑))

 

 

****************************************

 

フォトジャニについて、今度は作品タイトルである『Photograph Journey』について
お話したいと思います。

フォトジャニにはもともと仮名がついていました。
その名も『ポラロイド・メモリー』
(現在の『Photograph Journey』の名前の由来にもなっていることが
 わかると思います)

『一通の手紙と一枚の写真』というのが物語のきっかけになっていることから
そのまま“Photograph”を入れ、
その写真が旅の始まりになることから“Journey”をつけ、
Photograph Journeyという造語で作られました。

今では『フォトジャニ』と皆さんにも定着し、
坂本は作品タイトルにも愛着があります(笑)。

今まで描き下ろしやラフなどたくさんご紹介してきましたが
実は、皆さんにお見せしていない描き下ろし色紙が存在しています。
なぜ皆さんの前にお披露目できなかったかというと……


作品タイトルが仮名の『ポラロイド・メモリー』のままだったからです!!


『Photograph Journey』と決定する前に、
『ポラロイド・メモリー』として描き下ろしてくださったため
お披露目することができませんでした。


なので、ブログを読んでくださっている皆さんにだけ
特別にお蔵入りとなってしまった幻の色紙をご披露しますっ!


描き下ろし色紙はこちらっ!

じゃじゃーん!!




黒とピンクと水色の3色で柔らかな印象を受けます。
リチャード、瑞樹、凪、遼平、弥一、優斗の6人が描かれています。
弥一と優斗が小さくなっていて可愛くてお気に入りです(笑)。

こうして特別に皆さんにお披露目することができましたが、
それまではずっと坂本のデスクにそっと飾られていました。

仮名で描き下ろしというとっても貴重な1枚でした~~!

 

 

****************************************

 

 

 坂本の旅のお話! 


 

 

ここからは、坂本の旅行のお話をしたいと思います(笑)。
というのも、先日、二泊三日の弾丸旅行をしてきました!

愛媛県、広島県、岡山県、香川県の4県を巡る旅で、
広島県と香川県ではフォトジャニのゲーム内で行った観光地へ
聖地巡礼もしてきました!

その巡礼時をお話したいと思います。

ゲーム内のネタバレ要素が含まれるので、
広島県、香川県をまだプレイされていない方はご注意下さい。


準備はよろしいですか??
大丈夫な方はこのまま下へお進み下さい……。


 

 

 

 


広島県では尾道にある千光寺へ観光に行きました。
ロープウェイから眺める広島の街並みはとても綺麗で、
花蓮と一緒にこのロープウェイに乗ったんだなぁと思いを馳せました。


▲山頂のロープウェイ乗り場から広島の街並み。


頂上に着くと、展望台から広島の街並みが一望できました。
今回の旅はレンタカーを借りての移動だったので、
愛媛県からしまなみ海道を縦走して広島県へと入りました。
展望台からは通ってきた、しまなみ海道も見渡せ、
大パノラマの景色は圧巻でした!


展望台からの風景。尾道の街並みや瀬戸内の風景が見渡せます。


展望室からは千光寺へと歩いて向かいました。
裏参道から入ったことから、道は細く、階段も急で
少し大変でしたが無事に千光寺へ到着。

ここからの景色もまた、素晴らしかったです!

帰りは千光寺新道を通って石畳の階段を下っていきました。


▲千光寺新道

情緒あふれる場所で、別の世界に迷い込んだのではと不思議な感覚になりました。
途中に猫と何匹も遭遇して、とても癒やされる場所でした!


広島県ではこんなものを食べました!


▲尾道ラーメン


▲はっさく大福


リチャードがおみやげにと買ったはっさく大福、
とっても美味しかったです!
白あんとはっさくの絶妙な味のバランス感が美味でした~!


次に香川県の旅をご紹介!

香川県に到着後すぐに讃岐うどんを食べました!
弥一に倣って、坂本はぶっかけうどんを注文!


▲讃岐うどん(ぶっかけ)


コシがあって、お出汁も美味しかったです。
小を頼んでこの量!
そしてお値段300円!
安くておいしくて、心もお腹も満たされました!


香川県の観光先は栗林公園金刀比羅宮
弥一と向かったデートスポット巡りです(笑)。

栗林公園はとても広く、松や紅葉などたくさんの緑に囲まれていました。
都会の喧騒が嘘のように静謐な空間と時間が流れていました。

小休憩に掬月亭でお抹茶を頂きました。



▲掬月亭からの眺め


素晴らしい景色を眺めながら、お抹茶とお菓子を頂き
とても心が安らぎました。
きっと、春穂・弥一・リチャードもこの景色を眺めながらお抹茶を
頂いたんだろうなと、想像しました(笑)。

ゆっくりと約2時間かけて公園内を周り、
次に向かった先はこんぴらさん!

運転中、雨が降り出し心配だったのですが、
表参道へ到着すると雨が上がり少し晴れ間が見えました!
(ひっそりと、弥一のおかげなのかな?と思った坂本です(笑))

参拝へ向かう前にまずは腹ごしらえ。
ちゃっかりと讃岐うどんをいただきました!


▲讃岐うどん(醤油うどん)


大ボリュームでお腹いっぱいになりました!

腹ごしらえを終え、早速最初の一段目。
御本宮までの全785段の1段目が始まりました。


▲最初の1段

とにかく傾斜がすごくて、まだ200段というのに
坂本を始め一緒に行ったメンバー全員が息切れを起こしました(笑)。

365段目の大門で記念撮影をして更に上っていきます。
何度か足を止め息を整えながらご本宮目指して歩き続けます。


上っても上っても終りが見えなくて、挫けそうになりました(笑)


ですがようやくご本宮の姿を捉えました!!
すると、こんな立て札が。



このメッセージに応援され、いざご本宮へ!!

お天気が優れなくて讃岐富士は見えませんでしたが
自分の足でここまで登り切ったのだと達成感に心を震わせました。




▲ご本宮から眺める香川の街並み


景色を堪能してお参りをした後、
さっそく、幸福の黄色いお守りを購入。



▲幸福の黄色いお守り

とても可愛らしいお守りです。

786段の階段を往復して購入したこのお守りは
ご利益がありそうです。
肌身離さず身につけていようと思います。


香川県ではこんなお土産を買いましたよ~!


▲おいり


色とりどりの可愛らしいお菓子『おいり』。
直径 1cm ほどの玉状で、口の中でふわっっと消える
甘さ控えめなお菓子でした。

完成するのに一週間もかかるそうですが、食べるのは一瞬。

素敵な郷土菓子を堪能することができました!


今回は広島県と香川県のご紹介でしたが、
愛媛県も岡山県も素敵な観光スポットを巡り
いろいろな場所を見て回りました~。

写真撮影がヘタな坂本ですが、
瀬戸大橋のパーキングエリアで撮影した景色がお気に入りです。


▲瀬戸内海の夕日

「オレンジと藍色が溶け合う空は、なかなか幻想的な光景だ」と
丹下縁のセリフがあるのですが、まさにそんな風景だなと感動しました。


旅行は新しい出会い、新しい発見が多くていつも感動します。
またいつか、他の都道府県にも旅行にいきたいなと思いました!

以上、坂本の旅(フォトジャニ聖地巡礼)のお話でした(笑)!



なが~いブログにお付き合い頂きありがとうございました!
(最終回なので許してください(笑))
それでは最後に、坂本の感想をば!!


フォトジャニという作品は、私にいろいろなことを教えてくれた作品でもありました。
日本という国は47の都道府県から成り立っています。
そこには私の知らない伝統や景色、郷土料理など後世に伝えていきたいものがたくさんあります。
私もまだ全てを知っていませんが、これから少しずついろいろな土地のことを知りたいなと思いました。


そして、フォトジャニを通して皆さんからお手紙をたくさん頂きました。
坂本も小さいころ手紙を書いて学校の友達に渡したり、
文通などもしたことがありました。
時々、家族にも手紙を書いたりしています。

手紙は文字に心がこもっているように思います。
あたたかなぬくもりがそこにあって、言葉が心に伝わってくるような感じがするんです。
作品を通して皆さんの手紙を読むのは私の元気になりました。
本当にありがとうございます。


フォトジャニで得た経験や皆さんからの応援を糧に、これからも頑張りますので、
honeybee、honeybee+、honeybee blackともども、どうぞよろしくお願いします!!

もしかしたら、何かしらの臨時更新などもあるかもしれません。
その時はまた『フォトジャニディレクターの坂本です』と言ってブログに現れますので
読んでいただけると嬉しいです(笑)。


約3年間、ありがとうございました!
それでは、またいつかお会いしましょうね。

上へ